生理前2~1週間前になると肌荒れ、下腹部痛などカラダの症状..." /> 生理前のイライラ、集中力低下などを解消するには?-生理前のイライラを解消
pic/280x300.jpg" /> 生理前2~1週間前になると肌荒れ、下腹部痛などカラダの症状...

生理前のイライラ、集中力低下などを解消するには?

生理前2~1週間前になると肌荒れ、下腹部痛などカラダの症状とともに、気分が落ち込こんだり、イライラして怒りっぽくなったり、集中力がなくなったりなどココロの症状にも悩んでいる方は多いものです。
PMS(月経前症候群)と呼ばれる症状で、排卵のある女性なら、誰にでも起こり得ることです。生理がはじまると多くは改善されるとはいえ、家庭や職場などでPMSメカニズムに対する理解度が低いと「気分屋」、「変わった人」扱いされ、さらにストレスになりかねません。


PMSの原因は、はっきりとは分かっていませんが、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される「エストロゲン(黄体ホルモン)」と「プロゲステロン」という女性ホルモンのバランスが崩れるためだと考えられています。 ホルモンバランスの崩れは、様々な症状を引き起こします。ココロの症状は、黄体ホルモンの影響で、セロトニンが減少するために起こるといわれています。セロトニンの不足は、ストレス症候群(イライラする、慢性疲労、血行不良、冷え性、不眠、PMS、偏頭痛など)を招くといわれます。


それらの症状を改善する注目の素材に、月見草とラフマがあります。


月見草オイルには必須脂肪酸のγリノレン酸が含まれるのですが、それは体内入るとプロスタグランディンという成分に変化します。プロスタグランディンは女性ホルモンのバランスをサポートし月経前症候群の改善や月経リズムを整える働きがあるのです。


ラフマ葉エキス脳内のセロトニンを増やし、セロトニン神経の透過性を良くします。セロトニンを増やすことは、興奮や緊張物質であるノルアドレナリンやドーパミンの過剰分泌を抑え、心のバランス、自律神経とホルモンバランスの調整に役立ち、ストレス症候群の緩和・解消に期待ができるのです。


PMSのココロの症状を改善するには、生活のリズムを整えることとともに、黄体ホルモンなど女性ホルモンのバランス調整することが必要です。そのために、月見草やラフマの他に、エストロゲン不足を改善する大豆イソフラボンなど、PMSのココロの症状に効果的な素材を配合した女性のミカタ(やすらぎ編)のようなサプリで効果の早い助けを得ることができるでしょう。美肌成分も含むのでより快適に毎日を過ごすことができます。